記事内に広告が含まれています。

【婚約指輪の探し方】最初に考える後悔しないための婚約指輪探しの方針

日々の暮らし
この記事は約7分で読めます。
このサイトはアフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を掲載しています。

こんにちは!とぉーとゆです。

プロポーズというものは人生において最も重要なイベントの一つです。大好きなパートナーとの結婚を決意した方の多くが通るのが婚約指輪探し!
しかしながら実際に指輪探しを始めてみると、ブライダルジュエリー専門店やカッターズブランドなどお店の多さに驚かされます。

この記事を読んでいる方の中には、どうやって婚約指輪を探したらいいか悩んでいる方もいるのではないでしょうか。
そこで今回は、当時彼女だった妻と2人で17店舗回って見えてきたおすすめの婚約指輪探しの戦略を伝授します。

[PR]

大満足の婚約指輪選び!我々夫婦の探し方を紹介

夫婦一緒に探す

まず、一つ目は婚約指輪は夫婦2人で探すということです。

これがかなり私の中では重要なファクターでしたので、最初にかつ少し長めにお話ししていきます。

理由は以下に書きますが価値観は人それぞれ。
婚約指輪は旦那さんが選んでくれたものをサプライズでほしい!という方ももちろんいらっしゃると思います。
そんな願いがある彼女さんにはしっかり応えてあげてください。

1人で探すことを決めている方は次へ飛ばしていただいても構いません。

パートナーの欲しいものを選ぶことができる

冒頭でも触れた通り、婚約指輪を探し始めるとお店の多さに戸惑うはずです。色々ありすぎてわからない!
あなたは、星の数ほどもある指輪の中から、彼女の好みのものを1発で当てられるでしょうか。

婚約指輪は長い人生の中でもかなり高価な買い物です。
せっかく買うのなら、奥さんが気に入ってずっと身につけてくれた方が良いですよね。

実は私も初めのうちは1人で指輪を探していました。
2人で探し始めて間も無く、「1人で探してた時はこういうのが好きそうだと思って見てたんだけど・・・」とカタログを見せたら、やんわりとしたニュアンスで「違う」と。
その時に「1人じゃ絶対無理だったじゃん」と心底思いました(笑)

指輪探しそのものが思い出になる

指輪探しというものはある種超えるべき壁というか、試練というか、かなり頭を悩ませます。
安い買い物ではないので、当然のことだと思います。

しかし、この試練を2人で乗り越えることこそが最高の成功体験であり、思い出になるのではないでしょうか。

2人で悩み、時には意見の食い違いもあるでしょう。
その先で決めた婚約指輪はきっと2人の絆の証明になるはずです。

お金の価値観を擦り合わせることができる。

婚約指輪は高価な買い物です。おそらく婚約指輪の予算感が最初から合致しているパートナーは少数派。

一世一代の大勝負、格好良く予算は無制限!と思っている男性。
あまり高価すぎる品は・・・と遠慮気味な奥ゆかしい女性。
お金に対する価値観は十人十色。

2人で指輪を探す以上予算の話し合いはするはずです。
婚約指輪の予算感を話し合うことが、ひいてはお互いのお金に対する考え方の擦り合わせにもなります。

以上が私が婚約指輪をパートナーと2人で探すことをおすすめする理由です。

指輪探しの軸を決める

以降は1人で探す場合、2人で探す場合の両方で参考にできるおすすめ戦略です。

2つ目は、婚約指輪探しの軸を決めるです。例として以下のようなものが挙げられます。

・ダイヤで探す
・指輪のデザインで探す
・好みのブランドで探す

他にも様々なアプローチがあるとは思いますが、私はダイヤを軸に婚約指輪を探すことをおすすめします。理由は以下の通りです。

ダイヤが婚約指輪のメインである。

オーダーメイドを除けばデザインはほかの人と”かぶり”が生じます。その点ダイヤは同じものは世界に2つとして存在しません。
また仮に、年齢を重ねてデザインに飽きが出た場合でも、ダイヤを載せ替えることでデザインの変更は可能なことが多いです。

予算感と合わせやすい

指輪の値段のほとんどの割合をダイヤが占めることになるケースがほとんどなので、ダイヤから考えることで指輪の予算感が立てやすいです。

流通経路によって価格に差がある。

ダイヤモンドは採掘から我々の手元に来るまでに、加工業者や卸業者、小売店など様々な中間業者を挟みます。
ですのでファッションブランドから派生したようなブランドだと、様々な中間業者を通ることでマージンを取られて、同じダイヤでも価格が高くなってしまいます。

ちなみにダイヤ探しを軸にした場合は、カットなどの加工をもともとの生業とした”カッターズブランド”をお勧めします。自ら加工し販売できることが強みで、同様の品質で価格を抑えて提供することが可能です。

できるだけ多くの店舗を見て回る

3つめとして挙げるのはできるだけ多くの店舗を見て回るということです。
しかし、決して路面店を予約して何時間も話を聞いて・・・を何十店舗とする必要はないです。

初めのうちは百貨店のブライダルショップエリアなどで数を稼くらいの気持ちで構いません。

これは純粋に目を肥やすためです。5,6店舗も見て回ると、徐々に大体の相場感やブランドの雰囲気が掴めてくると思います。

さらに、購入した後の納得感が違います。

1人の店員さんには「あまり色々な店舗を見すぎるとかえって悩みすぎて決まらなくなっちゃいますよ!」とアドバイスいただきましたが、婚約指輪探しは人生一度きり。
購入後にせっかくならもっと見とけば良かった・・・となるよりは、悩みすぎるくらいがちょうど良いのかと思います。

ちなみに我々が見て回った店舗は以下の17店舗です。

《銀座三越》
Cartier(カルティエ)
CHANEL(シャネル)
CHAUMET(ショーメ)
Tiffany(ティファニー)
festaria(フェスタリア)
boucheron(ブシュロン)
BVLGARI(ブルガリ)
MONNICKENDAM(モニッケンダム)
VAN CLEEF & ARPELS(ヴァンクリーフ&アーペル)

《松屋銀座》
agate(アガット)
STAR JEWELRY(スタージュエリー)
pontevecchio(ポンテヴェキオ)

《渋谷西武そごう》
VENDOME AOYAMA(ヴァンドーム青山)
CHARMY(チャーミー)

《銀座の路面店》
ROYAL ACCCHER (ロイヤルアッシャー)
I-PRIMO(アイプリモ)
EXELCO DIAMOND(エクセルコダイヤモンド)

上記17店舗を見て回った結果私たち夫婦はエクセルコダイヤモンドで婚約指輪の購入を決めました。

また、特に地方にお住まいの方など、指輪探しのために毎週銀座に通うなんて無理・・・という方はカタログやパンフレットを鬼のように請求するというのも手です。ブランドストーリーや強みが比較しやすいのと同時に割引クーポンが手に入る場合もあります。

来店予約をする

4つ目は購入が近づいてきた段階では毎回来店予約をするということ。

実は我々、この来店予約を疎かにして失敗をしました。

お店によりますが、マイナビウェディングやハナユメなどのブライダル情報サイトを通して来店予約をして購入をした場合、10%の割引や来店特典を得ることができる場合があります。

我々は予約をせずに訪れたお店で購入を決めたので、後日10%の割引を逃したことを知った時はかなりショックでした(笑)

婚約指輪で割引なんて野暮なことかと思うかもしれませんが、購入額は50万円程だったので、割引率は5万円程度です。これはでかい・・・

この記事をご覧の方は来店予約をして購入するのをおすすめします。

スマートな断り方

最後の戦略は、お店に訪れた後、購入を決めずに退店したいときの断り方についてです。

予約をして路面店に訪れると必ず、別のフロアに案内され個別のブースで説明を受けることができます。店員さんの予定に空きがあれば、予約をしていない場合でも同様です。

しかし、この営業方法は優しい人こそ退店に気を遣います。

気に入ったダイヤや指輪がない場合、お断りの言葉を述べて別の店舗へ向かうと思います。
しかしその際に、「気に入るものがないので別の店舗も見に行きたいです。」とはなかなか言いづらいものです。

実際は、相手はプロとして日々数多くの接客をしているので、断られることなど慣れているはずです。
しかしそこは”一期一会”。

せっかくならお互い気持ちよく会話を終えたいものです。

そこでおすすめする魔法のセリフがこちらです。

「持ち帰って検討したいので、この条件で見積もりをいただけますか?」

これで大体のお店でスムーズに退店の流れになります。

中には「次回来店時は割引が効かなくなる」や「値上げが控えてる」など即決を促される場合もあるかもしれませんが、本当に買い手を憂いての発言か見極めて下さい。きっとそれまでの会話の中で、何か直感が働いているはずです。

私の主観ですが、購入自体が思い出になるような買い物の時は、店員さんとの相性ってすごく大事ですよね。

まとめ

婚約指輪のおすすめの探し方は以上です。
何か参考にしようと思った方針は見つかりましたでしょうか。

ちなみにですが、我々夫婦は上記の方針で婚約指輪を探した結果、エクセルコダイヤモンドで購入を決めました。

この記事を最後まで読んでくださってあなたが、素敵な指輪と出会えることを祈っています。
ではでは!とぉーとゆでした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました