記事内に広告が含まれています。

【船旅】さるびあ丸の予約が取れなかった場合の伊豆七島への代替移動手段

趣味
この記事は約7分で読めます。
このサイトはアフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を掲載しています。
[PR]

さるびあ丸が予約で一杯!?伊豆七島への移動手段は他にある?

さるびあ丸は、東京から伊豆七島への移動手段として広く利用されているフェリーです。
このフェリーは、大型で快適な船内設備を備え、旅の始まりを楽しむための選択肢として人気があります。

しかし、観光シーズンや連休中などには予約がすぐに埋まってしまうことも珍しくありません。
さるびあ丸の予約が取れなかった場合でも、伊豆七島への旅を諦める必要はありません。

この記事では、さるびあ丸の予約が取れなかった場合に利用できる代替移動手段について詳しく解説します。

フェリーを使った代替手段

さるびあ丸以外にも、伊豆七島へのフェリーを運航している会社があります。例えば、神新汽船はフェリーあぜりあという船を運航しており、様々なスケジュールや料金プランを提供しています。伊豆の下田まで陸路を移動しなければいけないデメリットはありますが、ほかの代替手段と比較しても料金を低く抑えられる利点があります。

フェリーの予約方法と注意点

フェリーの予約は、各フェリー会社の公式ウェブサイトや電話で行うことができます。予約の際には、以下の点に注意してください。

  • 早めの予約:特に繁忙期は予約がすぐに埋まるため、できるだけ早めに予約を行うことが重要です。
  • キャンセルポリシーの確認:急な予定変更に備えて、キャンセルポリシーを確認しておきましょう。
  • 座席の種類:フェリーには一般座席から個室まで様々なタイプの座席があります。予算や快適さに応じて選択しましょう。

飛行機を使った移動手段

調布飛行場から伊豆諸島へのフライト

調布飛行場からは、伊豆諸島への定期便が運航されています。新中央航空が運航しており、伊豆大島、神津島、三宅島など主要な島々にアクセス可能です。飛行機を利用することで、フェリーよりも短時間で目的地に到着することができます。

フライトスケジュールと料金

飛行機の運航スケジュールは季節や曜日によって異なりますが、通常は1日数便が運航されています。フライト時間は各島まで約30分から1時間程度です。料金は島ごとに異なりますが、一般的には1万円から2万円程度となっています。ウェブサイトや旅行代理店を通じて最新のスケジュールと料金を確認することができます。

飛行機の利便性と注意点

飛行機を利用する利点は、移動時間の短縮と快適な旅です。特に、時間を有効に使いたい旅行者にとっては魅力的な選択肢です。ただし、以下の点に注意が必要です。

  • 天候による影響:天候の影響でフライトがキャンセルされることがあるため、余裕を持った旅行計画が必要です。
  • 荷物の制限:飛行機には荷物の重量制限があるため、荷物の量に注意しましょう。
  • 事前予約:座席数が限られているため、早めの予約が推奨されます。

高速ジェット船の利用

東海汽船の高速ジェット船

東海汽船が運航する高速ジェット船は、東京と伊豆七島を結ぶ便利な移動手段です。高速ジェット船は、従来のフェリーよりも速く目的地に到着することができ、短期間の旅行にも最適です。主に大島、利島、新島、神津島などの島々へ向かう便があります。

ジェット船のスケジュールと料金

高速ジェット船の運航スケジュールは、季節や曜日によって異なりますが、通常は1日に数便が運航されています。所要時間は、例えば東京から大島までは約1時間45分、新島までは約2時間30分です。料金は、島ごとに異なりますが、大人1名の片道運賃はおおよそ1万円前後です。ウェブサイトや旅行代理店で最新のスケジュールと料金を確認することができます。

高速ジェット船のメリットとデメリット

メリット

  • 短時間で到着:フェリーよりも速く移動できるため、時間を節約できます。
  • 快適な旅:構造上揺れが少ないため船酔いしにくく、また、ゆったりとしたリクライニングシートで船内は快適です。
  • アクセスの良さ:東京の竹芝桟橋から出発するため、アクセスが非常に便利です。

デメリット

  • 天候の影響:天候が悪いと運航が中止されることがあります。
  • 座席予約:特に繁忙期には座席がすぐに埋まるため、早めの予約が必要です。
  • 料金:通常のフェリーよりも料金が高めです。

その他の移動手段

ヘリコプターの利用

伊豆七島への最も豪華な移動手段として、ヘリコプターのチャーターがあります。東京ヘリポートから各島へヘリコプターで直接アクセスできるため、時間を最大限に活用したい場合や特別な体験を求める旅行者にとって魅力的な選択肢です。

メリット

  • 迅速な移動:他のどの手段よりも短時間で目的地に到着できます。
  • 特別な体験:ヘリコプターからの絶景を楽しむことができます。
  • 柔軟なスケジュール:チャーター便のため、スケジュールを調整しやすいです。

デメリット

  • 高コスト:他の移動手段に比べて非常に高額です。
  • 天候の影響:悪天候時には運航が中止されることがあります。

個人ボートのチャーター

個人ボートをチャーターして伊豆七島を巡ることも可能です。これは、特に自由度の高い旅をしたい場合やグループ旅行での利用に適しています。チャーターサービスを提供している業者に連絡して、詳細を確認することができます。

メリット

  • 自由なスケジュール:自分たちのペースで移動できます。
  • プライベートな空間:他の旅行者と共有しないプライベートな空間で快適に過ごせます。
  • 目的地の柔軟性:島々を自由に巡ることができます。

デメリット

  • 高コスト:費用が高くなることが多いです。
  • 船舶技術の必要性:チャーターする場合、操船技術が必要となる場合があります。

特殊な移動手段の紹介と注意点

場合によっては、特殊な移動手段を検討することもできます。例えば、島嶼間の海上タクシーや小型クルーズ船を利用する方法があります。これらのサービスは事前予約が必要であり、また運航スケジュールや天候によっては利用できないこともあります。

注意点

  • 事前調査と予約:特殊な移動手段を利用する際は、事前に詳細を調査し、早めに予約を行うことが重要です。
  • 安全対策:海上での移動は天候の影響を受けやすいため、安全対策を十分に確認することが必要です。

まとめとおすすめの選択肢

各移動手段の比較

さるびあ丸の予約が取れなかった場合でも、伊豆七島への移動手段はさまざまあります。それぞれの手段の利便性や特長を以下にまとめます。

  1. フェリー(フェリーあぜりあなど)
    • メリット:比較的安価であり、船旅を楽しむことができる。
    • デメリット:移動時間が長い。
  2. 飛行機(調布飛行場から)
    • メリット:最も短時間で移動できる。
    • デメリット:天候によるキャンセルリスクがある。
  3. 高速ジェット船
    • メリット:フェリーよりも短時間で移動でき、快適。
    • デメリット:料金が高め。
  4. ヘリコプター
    • メリット:最も迅速で特別な体験ができる。
    • デメリット:非常に高額。
  5. 個人ボートのチャーター
    • メリット:自由度が高く、プライベートな旅行ができる。
    • デメリット:費用が高く、操船技術が必要な場合がある。

おすすめの代替手段

旅行の目的や予算、日程によって最適な選択肢は異なりますが、以下のように考えるとよいでしょう。

  • 時間重視の場合:飛行機またはヘリコプターを利用する。
  • 費用重視の場合:フェリー(フェリーあぜりあなど)や高速ジェット船を利用する。
  • 特別な体験を求める場合:ヘリコプターや個人ボートのチャーターを検討する。

旅行の計画を立てる際のアドバイス

  • 早めの予約:どの移動手段でも、特に繁忙期には早めの予約が必要です。
  • 天候の確認:天候による影響が大きいため、出発前には天気予報を確認し、余裕を持ったスケジュールを組むことが重要です。
  • 複数の選択肢を検討:1つの手段に固執せず、複数の移動手段を検討することで、より良い旅行プランが立てられます。

以上のポイントを押さえて、さるびあ丸の予約が取れなかった場合でも、楽しい伊豆七島の旅を計画しましょう。この記事が旅行計画の助けになることを願っています。質問や追加情報が必要な場合は、いつでもお問い合わせください。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました